TICKET

INTRODUCTIONイントロダクション

女の悦びが、アイツを呼び醒ます
一人の女に潜む四つの人格を四人が演じる異色作!
予測不能!淫らすぎるサスペンス・ホラー誕生!

「甘い鞭」「呪怨」など数々の話題作を世に送り出した大石圭の人気ホラー小説「殺人鬼を飼う女」。気品漂うエロスと大胆なサスペンスを巧妙に描いた原作を、『リング』(98)や『スマホを落としただけなのに』(18)を大ヒットへと押し上げた、Jホラーの第一人者中田秀夫監督により映画化。

幼少期に受けた悍ましい虐待を受けて過ごしたことにより四つの人格を持つ一人の女を、四人の女優がエロス全開に演じ分ける。主人格のキョウコを演じるのは確かな存在感と演技力を放つ飛鳥凛。「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」中田監督の人気作『ホワイトリリー』(17)主演以来の再タッグとなる。別人格でキョウコを溺愛する直美を大島正華、自由奔放でビッチなゆかりを松山愛里、少女時代のままのハルを中谷仁美。そして、キョウコが恋心を抱く憧れの作家を水橋研二、人格形成に大きな影響を与えた母を根岸季衣という名バイプレーヤーが脇を固める。

“エロス+サスペンス=ホラー”の
究極の挑戦を支える原作とキャスティングを得て、
中田秀夫のまた新たな傑作が誕生する。

  • イントロダクション
  • イントロダクション
  • イントロダクション